アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2017年02月15日

バレンタインで燃え尽きる・・・真っ白な灰に

ようこそ『寺嫁つれづれ日記』へkao1

2月14日はバレンタインデーheart

友チョコ、たくさんできました!




我が家の場合、みんなに1つ、それぞれにチョコレートの箱を配り終了。

「お姉ちゃんがいっぱい食べた!」
「お父さんだよ、いっぱい食べたの!」
「お母さんが知らんぷりして食べたんだ!」

と、毎年もめるので、今年はひと箱ずつ支給しましたicon23

ここまでは、あくまでプレリュード(←年齢がわかる)・・・・・



女の子をお持ちのママはおわかりだと思いますが。
女の子というのはバレンタインデーに配る友チョコを大量に作る習わしがあるのです。

買い物、レシピ選定、作成、ラッピング、お届けまで
「手を出しすぎずに手を貸して、ずっと見守る」ことが求められます。


これ、小学生のころからずっとです。
ここは田舎なので、チョコを渡すといっても、クラスの女子の家に届けるために親が車で右往左往。町中でばったり会ってそこで交換、ということもしばしば。
なので、毎年バレンタインは一大事業。
お盆、森の山、正月、彼岸、大般若、バレンタイン、という感じですよ、もう!

そしてチョコ自体も、成長とともに手の込んだ感じになっていきます。

娘も中学生になって、焼き菓子を作りたいといいました。
去年と同じになっちゃうけど、チョコチップ入りのマフィンと、今年初挑戦のチョコレートバー。
クリスピーで、失敗なく作れそうなので、この二つに決定です。






チョコレートは製菓用だと温度管理が面倒で、あえて板チョコ。
箱買いした板チョコを一心不乱に刻ませて、その間に部活の保護者会の打ち合わせをLINEと電話でする私。
出来上がりは何時になるのやら・・・・。

溶かして混ぜて冷やし固める・・・



切るとこんな感じ。



小さいマフィン型に木のスプーン。
女子力高そうに見えるかも。 へへっ




でもなんとかできました!
キュートにラッピングもできました。
もう日付が変わっています。




なんとか今年もバレンタインデーが終わりました。
なんか、しばらくチョコレートはいいかなぁ・・・。

バレンタインはやっぱり
燃えた・・・燃えたよ、真っ白な灰に

あしたのジョーしか浮かばない!




夫 「例えが昭和だねぇ」






同じカテゴリー(なんてことない日常)の記事画像
手描き友禅体験
安田くん生誕祭と関ジャム
水まくらの効用
親子でDIY
羽黒山へ
つかの間の夏休み
同じカテゴリー(なんてことない日常)の記事
 手描き友禅体験 (2017-09-13 06:00)
 安田くん生誕祭と関ジャム (2017-09-12 03:01)
 水まくらの効用 (2017-09-06 22:32)
 親子でDIY (2017-09-01 12:05)
 羽黒山へ (2017-08-08 01:04)
 つかの間の夏休み (2017-08-01 13:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。