アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ

2018年09月19日

明日は彼岸の入り

ようこそ『寺嫁つれづれ日記』へ




墓地の通路には、彼岸花が咲き始めました。
お彼岸ですね。

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、
すっかり秋の風が吹くようになりました。


栗。



金木犀もいい香りです。






  


Posted by チョコチョコ at 11:46Comments(0)

2018年09月14日

書道教室と坐禅の夕べのお知らせ

ようこそ『寺嫁つれづれ日記』へ

明日9月15日(土)は、午前10時より書道教室があります。9月になってだいぶ過ごしやすくなりました。墨の香りと水の音に癒されながら、筆を持ってみませんか?

9月16日(日)は夕方5時より定例坐禅会です。
坐禅のできる服装でお越しくださいね。


さて、久しぶりに鶴岡の青森屋さんへ行きました。
宝石のようなシャインマスカットのタルト♡






  


Posted by チョコチョコ at 16:52Comments(0)書道教室坐禅

2018年09月03日

息子と私のネズミ事件③

(続き)



「もしかして、死んじゃってかわいそうだったから、ネズミを水から出してあげたの?」





手を洗っていた息子のところへ行ってそう言うと、振り返った息子の目には、あっという間に涙がたまった。


両手をぎゅっと強く握り、大きくうなづいたあと、ぽろぽろ涙を流した。絶対に泣くまいと、握った拳が震えていた。

そうだったんだね、ごめんね、と言って、私は息子を抱きしめた。


息子の気持ちを、もう少しで取りこぼすところだった。


危なかった。
本当に危なかった。



「ネズミさんが死んじゃってかわいそうだったね。

お母さん、ちゃんと土に埋めてお参りしたから大丈夫だよ。

助けてくれてありがとう。

でも、ネズミを手で触らないでね。

病気を持っているかもしれないんだよ。」




息子の眼を見て、ゆっくりこう言うと、ようやく息子の気持ちは落ち着いた。








    
素手でネズミに触れないでもらいたい私の気持ちは、きっと間違いではないはずだ。

一方で、かわいそうなネズミを、せめて水から引き揚げてあげようと思った息子の心は純粋で尊い。
どんな小さな生き物の死も粗末にしなかったのだから。


私はおとなとして、冷静に息子の気持ちを汲み取ってから説明すべきだったのだ。愚かなことに、私は自分の常識の中でものを見て、大きな声を出してしまった。


びっくりして固まってしまったあの表情と、ぎゅっと握って震えていた両手が、今でも頭に何度も浮かんでくる。
そして、いつも涙が出るのだ。




夫のあの一言がなければ、まったく気がつかなかった。
家族というのは本当にありがたい。
 


視点を変えて物事を見ると、日常は複雑だけれど豊かなものになる。
7歳の子どもの目線から見ると、今までとはまた違った景色が見えてくる。



こんな景色を大人になってから見ることができるなんて、今まで頑張ってきたご褒美をもらった気分だ。



おとなになるにつれて凝り固まった常識や概念を捨てて、私はもう一度、自由な感性を育てなおすことにしよう。




(おしまい)



  


Posted by チョコチョコ at 09:27Comments(4)なんてことない日常

2018年09月02日

息子と私のネズミ事件②





 
(続き)



どうりでおかしいと思った。


なぜなら、それが「置いてあった」からだ。
なんだか、こう、…何と言ったらいいのか。
とにかく、きれいに横たわっていたのだ。
とたんに私はパニック状態になった。
一瞬のうちにいろいろなことが頭に浮かんで、それを一気に吐き出さずにはいられなかった。



それで、機関銃のように息子を質問攻めにした。




どうして?
濡れてたよ?
水の中で死んでたんでしょ?
何を使って水から出したの?
もしかして手でネズミを触ったの?
手は石鹸で洗ったの?
なんで手で触ったりしたの?




息子は固まってしまった。

カチンコチンに固まるとはまさにこのことだ。
こんなにいっぺんに問いただされて、答えられるわけがない。
でも、パニックになってしまった私は、どうしようもなかった。



 「お母さんが怒るような、悪いことをしたんだ」

ということを、息子は必死に飲み込もうとしていた。
そして、戸惑いながらごめんなさいと言ったあと、私に言われたとおりに、石鹸で念入りに手を洗っていた。




私はまだパニック状態を引きずったまま、ちょうど帰宅した夫に一連のできごとを話した。


そして、夫は呑気にこう言ったのだ。



「へぇ、なんでそんなことしたんだろう。」



なんで平気なの?ちゃんと私の話を聞いてた?あなたはいつだって…、
そう言おうとして、私は、はっと気がついた。




胸がどきどきしてきた。



そうだ、きっと、そうに違いない。





「息子と私のネズミ事件③」へ続く






  


Posted by チョコチョコ at 13:28Comments(0)なんてことない日常

2018年09月01日

息子と私のネズミ事件①

ようこそ『寺嫁つれづれ日記』へkao1




 
2017年の7月に、「視点を変える」というテーマで、『農村通信』に掲載していただきました。

農業とはあまり関係がない私ですが、視点を変えてみようと思った経験を自由に書いてよいとのことで、本当に自由に書いたものです。

今回、(株)農村通信社様にご許可をいただき、ここに載せてみることにしました。


私はどのようなきっかけで視点を変えて見ようと思ったのか?
しばしお付き合いくださいませ。





「息子と私のネズミ事件」                          



 ある日、自宅の玄関前にネズミの死骸が横たわっていた。

以前、家にいた猫の習性を思い出して、獲物を見せに来たのかと思った。

しかし待てよ、もう家に飼い猫はいない。

おかしいなと思いながら、子どもたちの目に触れないように素早く土に埋め、一応、手を合わせた。


私にとって、ネズミはお供えをかじって糞をする害獣だ。
ネズミが給湯設備のケーブルをかじって、お風呂に入れなかったことだってある。



それでも一応、手を合わせた。




ネズミが死んでいたよ。
でも、もういないよ。
どこに行ったんだろう?






小学1年生になったばかりの息子が言った。

私はもう土に埋めたよ、と言ったらすごくほっとした表情になった。
気持ち悪いものが片付いた安堵感、とは違うような気がする。



もしかして、もしかして…、

ネズミをあそこに置いたのは、もしかして…、




うん、僕だよ。





        「息子と私のネズミ事件②」ヘ続く
  


Posted by チョコチョコ at 15:47Comments(0)なんてことない日常

2018年09月01日

季節限定御朱印『いちょう』が始まりました

ようこそ『寺嫁つれづれ日記』へ


9月1日より始まりました!

季節限定御朱印『いちょう』です。






境内のいちょうはまだまだ色づいていませんが、ここ数日の寒暖差で、落葉樹の色づきが期待できます。


今日はたくさんの書道教室のご参加ありがとうございました。



次回は9月15日(土)です。

明日は17:00から坐禅の夕べです。

  


Posted by チョコチョコ at 15:25Comments(0)御朱印

2018年08月31日

明日は書道教室です



明日は書道教室ですよ!
気をつけてお越しくださいね。


今日はすごい雨でしたね。
ここも避難準備地区となって、小学校は引き渡し下校でした。






娘は銀ガレイと筑前煮のっけ弁当。
明日はお弁当お休みです。  


Posted by チョコチョコ at 20:55Comments(0)

2018年08月31日

生け花で心のデトックス

ようこそ『寺嫁つれづれ日記』へ

ここ11年ほど草月流の生け花を習っています。




生け花と美容院は、自分だけのために使える時間。

行き帰りの時間も自分の用事で出かけるための時間だから遠くても苦痛じゃありません。

むしろ一人きりになれる貴重な時間です。


  


Posted by チョコチョコ at 13:37Comments(0)寺嫁修行中

2018年08月30日

写仏は心の深いところに届く

ようこそ『寺嫁つれづれ日記』へkao1


今年の4月から、写仏と写経、坐禅体験の具体的なプランを提案してまいりました。

女性のグループや、おひとりで「今からできますか?」と体験される方も多いです。

そして、庄内日報や山形新聞をご覧になって、20〜30人のグループで体験される方々も。


興味深いのは、写仏/写経体験をしたあと、リピーターになるということです。
別の人と一緒にまた来てくださる方がよくいらっしゃるんです。




体験された方の感想はかなり好評、と言っていいのではないでしょうか。

「最初は難しかったけど、慣れたら夢中になった」
「集中して描きました」
「次はもうちょっと難しいのに挑戦したい」



千手観音さまはかなり達成感ありますよ!





黒の筆ペンはもちろん、好きな色のカラー筆ペンでも描けます。
色を選ぶのも、みなさん楽しそうです。











写仏は紙をお手本に重ねて、向きを変えながら描いてOKです。
迷わず一気に流れるような線をシュッと!




坐禅と同じ効果をもたらすのはフラダンスという話を、ラジオで聞いたことがあります。
脳科学の先生が話していらしたと思います。
フラは手話なので、「太陽」を身振りで表すとき、脳が太陽を思い浮かべるんですって。
坐禅の複式呼吸で得られるリラックス効果と通じるものがあるそうですよ。

「ただひたすらに仏様を写しとる写仏は、坐禅とよく似ている。」と住職は言います。

初めと終わりに合掌して、皆さんそれぞれの思いを込めて写仏体験をされています。


線を写し仏様を描くのは誰でもできます。
年齢も、性別も、器用/不器用も、国籍も問いません。

有り難い体験をどうぞ。
心の深いところに届く初めての思いを、どうぞ感じてください。


出来上がったらお抹茶を一服どうぞ。
きのこ杉をデザインした總光寺オリジナルのお茶碗とお菓子です。





詳しくはこちらをどうぞ




  


Posted by チョコチョコ at 01:33Comments(0)写仏・写経体験

2018年08月28日

コーヒーブレイクin草木舎♪ …からの、関ジャニ∞

ようこそ『寺嫁つれづれ日記』へkao1


本当に本当に、なんでも始まって終わる。
夏の一連の行事も。
娘の課題テストも!


ということで、草木舎さんのアイスコーヒーと共に、スイーツをいただきにまいりました。

私はベイクドチーズケーキ。ふふふふふふふ、食べたかったんだー♩


娘は世の中で一番好きなプリンはここのプリンだそう。




うちの子たちは型からはずせないほどのなめらかプリンより、ちょっとしっかりめのプリンが好き。
私がそうだから。




「お母さん、これ作って」
「作ってって、何を?」
「チーズケーキとプリン。シフォンケーキもそろそろ食べたい。ワッフルも最近食べてないな。」


子どもたちよ…なんでもお母さんが作れると思うなよicon10




これは番外。セブンイレブンのアイスクリームheart



関ジャニ∞、ヤンマーのユニット曲「アイスクリーム」を思い出す仕上がり。
安田章大くん、無理せずに。存在していてくれるだけでエイターはみんなハッピーです。
夏の忙しいのも終わったし、ライブDVDでも見ようかな。全然何も見れてない!

関ジャニ∞大阪京セラドーム初日のライブが台風の影響で中止になって、悲しい思いをされたエイターさん。
この日しかチケットが取れなかった人、もしくは学校や仕事の都合でこの日しか行けなかった人がたくさんいたと思います。
どうかどうか、振替公演がありますように。
1年、この日のために頑張ってきた人たちの思いが届きますように。

…と思っていたら11月に振替公演が決定しましたね!
本当によかった。
ああああ、よかった。
  


Posted by チョコチョコ at 12:00Comments(0)美味しいもの